iEARN沖尚 書き損じハガキプロジェクト インドネシア支援
  沖縄尚学高等学校 アイアーン沖尚   
  書き損じハガキとは
書き損じハガキとは、失敗して出せなくなったハガキや、出しそびれた年賀状など、未使用の官製ハガキです。
これを郵便局で、新しいハガキや切手に換えていただき、それを学校や企業に買い取ってもらって現金化します。

家庭で眠っている書き損じハガキが募金に変わります。
インドネシアに、お金を届けて参りました。こちらをご覧ください。

インドネシア被災地支援
インドネシアでは、地震、津波、様々な自然災害が続いています。私たちは、被災地への継続的な支援を通して、学校の復旧、災害対策教育への支援活動を行いたいと考えています。

毎年、書き損じハガキを集めて、それを募金にしています。2008年から、インドネシアの被災地支援に継続的に取り組むようにしています。
今年は、校内だけでなく、新聞の投書欄を通じて、協力を呼びかけたので、多くの方々から、書き損じハガキが送られてきました。
 

多くの問い合わせありがとうございます。
ハガキの送り先はこちらです
   〒902-0075 沖縄県那覇市国場747 尚学学園 上野宛
電話098-832-1767
申し訳ありませんが、送料は送り主でご負担となります。
ご理解ください。

 
ジョグジャカルタの地震被災地にて テントの中で勉強する子どもたち
 
 
全校に書き損じハガキの寄付を呼びかけ、校内にハガキを入れる箱を設置し、また、新聞の投書欄で、県内に広く協力をお願いしたところ、3000通を越える書き損じハガキが集まりました。金額にして15万4千円になります。
また、多くの方々から、励ましのお便りもいただきました。
送っていただいた多くの封筒、お手紙など
 
写真をクリックすると大きくなります。
 
たくさんの励ましのお便りをいただき、大切にされていた記念切手も送っていただきました。
 
 
沖縄タイムス、琉球新報の両紙に私たちの投稿が載りました。
 
画像をクリックすると大きくなります。
 
沖縄ケーブルネットワークのニュース番組で取材していただきました。
下のリンクをクリックすると、番組のプレイバックを見ることができます。
http://www.nirai.ne.jp/catv/newstoday/ntop.html
火曜日をクリックして、番組が始まったら、
12分後のところにスケールを合わせると
すぐに見られます。


週が変わり、新しいニュースに入れ替わったので、もう見られません。


インドネシアに、お金を届けて参りました。こちらをご覧ください。
 
アイアーン沖尚のホームページへ

戻る